モト・ビート【シフトアップ / SHIFT UP 横浜】

スタッフ紹介

シフトアップの頼もしい仲間たち

千葉秀一(店長)

千葉秀一(国家二級整備士)当店の日常業務を切りもりする、辣腕メカであり店長。勉強熱心で最新メカにも詳しい。いつでもにこやかに対応してくれるのでちょっとしたことでも何でも相談してみるが吉。
愛車はVTR1000SP-2とリード100。二児の 育児に励むパパ4年生。ここ数年、奥さん、子供、マイホーム、クルマ・・とたてつづけに手に入れ絶好調。が、2011年秋にレースで骨折休場。半年間の長期バカンスを経て、春から無事復帰。「たいへんご迷惑をおかけ致しました。」
禁煙がいつも続かず、休煙家としても有名だ。


吉田英瑞

吉田英瑞 若い頃からバレーボールで鍛え上げた体=バイクのためにありき!オレはコイツに乗るために生まれてきたんだ!とばかりにCB1300をチカラでねじ伏せる!通称「ガッツ吉田」。
セカンドバイクに格下げされたAX-1で通勤する時は、「やっぱ軽さは武器っすね」。XLR250も所有しているため、むりやり社長の林道発見の旅(=通称「山開き」)に、年数回付き合わされる。 見かけのわりに軽いノリの兄さんキャラなので気軽に何でも相談してみるが吉。
特技は酒を水のように飲むこと。ああ、もったいない。


山本慎一郎(代表)

山本慎一郎(国家二級整備士)業界ひと筋20余年。バイクの新しい可能性を常に追求しジャンルを超えたカスタム車製作や旧車のレストアに意欲を燃やす中年ライダー。早々とCB1100に別れを告げ、現在CBR600F(5)を駆る。5台目のOFF車もかれこれ3万km。OFF用タイヤを年3回は履き替え山を愉しむ。
春になると野菜作りにいそしみ「自然に学ぶ」。野菜作りのノウハウをバイクいじりにフィードバックし一言「野菜もバイクもみな同じなんじゃよ」。一方ではオオクワガタのブリードも行うムシ好きだ。